キリスト教葬儀の体験談や感想

キリスト教葬儀。お母さんのためのクリスチャン葬祭を、ご令嬢からご希望を仰せつかりました。ご高齢であるお母さんは、約40数年前に米国で牧師に洗礼を受けたそうです。

 

けれども、帰国後はこの国のチャーチに馴染めず、さほど礼拝に出席することはしなかったようであります。

 

健康状態がひどくなってターミナルケアを受けるようになってから、最期はキリスト教葬儀をやってほしいと言われ、ご長男様が親族で話し合って決めたとおっしゃっていました。

 

 

お父様のためのキリスト教葬儀

 

お父上のクリスチャン葬送を、お嬢様からご依頼受けました。

 

九十五才で亡くなったため、兄や弟さまはもう召天されているため、ご遺族だけでのキリスト者葬式をご希望くださいました。

 

ご自身もご子息も、特定のチャペルには入会していないのではありますが、信仰心はおありで、ホームにてお身内と心を合わせて賛美を行うことがたびたびおありだったようです。

 

お父上が天に召されるのを信じてご逝去されたということで、お子様たちはつらさはおありながらも、召天されたということを信じているようでした。

 

キリスト教葬儀

 

 

キリスト教葬儀の葬儀社

 

キリスト教メモリアル礼拝相談受付の葬儀は、牧師が親身になって対応します。

 

即座にキリスト教信仰者メモリアル援助窓口に連絡してくださいますように。

 

逝去した敷地に霊柩車でお迎えに行きます。

 

そして、親族の方々で棺に納めることを致します。

 

葬儀式場に移って、召天者を告別します。

 

宗教者が皆さまをお導きします。

 

故人様の生涯に感謝しながら、祈りを捧げる時を持ちます。

 

聖職者が合っている神さまの聖句を宣言します。

 

召された方を荼毘に付し、偲びます。

 

→ キリスト教葬儀

 

キリスト教葬儀記事一覧

福音派教会でのキリスト教葬儀を依頼する窓口。お父様の基督教弔いを、ご長女よりご依頼いただきました。ご年配で亡くなったため、兄や弟さまはだいぶ前に召天されているため、お身内のみでのキリスト者葬式をご要望くださいました。ご当人もご子息も、特定の宗教団体へは属していないようですが、信仰はあり、ご自宅にてご家族と心を合わせて聖書勉強やお祈りをすることがたびたびあったそうです。父上が救いを確信して亡くなられ...